インフルエンザの仕事復帰はいつから?適切な日数はコレ!

114747b
普通の風邪よりも活動が大幅に制限されてしまうインフルエンザ

インフルエンザは誰も好んでなるものではないですし、予防接種を受けていて規則正しいと生活をしていても、なる可能性はあるものです。社会人の方がかかってしまった場合、しばらくの期間仕事を休まなければならないため、復帰に焦りを感じるものではないでしょうか?

インフルエンザにかかって周りにうつすと大変なので、いつまで休めばよいか良くわからない方も多いと思います。

インフルエンザの症状が治まっても、しばらくはウイルスが排出されて人に感染させてしまう可能性があるため、適切な復帰時期を見極める必要があります。安心して社会復帰するためにも、どのくらいでインフルエンザから復帰できるのかを知っておくことは非常に大切です。

そこで今回はインフルエンザにかかった際の復帰時期についてご説明していきたいと思います。

スポンサードリンク


■インフルエンザからの仕事復帰の時期は?

129503
インフルエンザの復帰時期で一番注意が必要なのは、ウイルスによって他の人に感染させてしまわないようにすることです。何も症状が出ている時だけがウイルスを排出しているわけではありません。

では具体的にウイルスを排出している期間はいつ頃なのでしょうか?それは・・・

発症の1日前から発症して7日まで

なのです!

 
学校保健法では「発症後5日を経過し、かつ解熱したあと2日(幼稚園では3日)経過するまで」を出席停止期間としていて明確な基準があるため、学生の場合はこれを守るようにしましょう。

職場復帰の取り決めは特にありませんが、発症後7日はウイルスが排出されるため、

発症後7日間休んでから復帰

するのがベストであると言えるでしょう。熱が下がるのがインフルエンザ発症後5日と言われているので、熱が下がって2日経ってから復帰というのも同様の意味です。

症状や職場によって状況は異なるので医師や職場の上司と相談したうえで復帰時期を決めることも大切です。

 
次に復帰する時期の他にも、復帰した時に気を付けるべきことをご紹介します。

職場や学校への気遣いとしてよく覚えておきましょう。

 

■インフルエンザからの復帰後の注意事項

warning-24841_640
ウイルスの排出の期間は個人差があり、発症後7日間経過してもウイルスを排出している場合があります。

それで咳やくしゃみがある場合はもちろん、症状はなくともマスクをして仕事に行くのがベストです。感染予防と共に、周りに感染の心配をさせない配慮にもなります。

特に、家族がいる方は家族感染には十分注意する必要があります。自分自身を含め、家族が大変な思いをしないよう、対策をしていきましょう。

インフルエンザの家族感染を予防するポイントに関する記事もご参照くださいませ。
⇒ インフルエンザの家族感染!予防の7つのポイント!

 
また、診断書の提出を求める会社もあるので、休みを取る時に必要かどうか確認して、必要な場合は準備を忘れないようにしましょう。診断書は医師にお願いすれば簡単に発行することができ、費用は1500~5000円程度と言われていますが、医療機関によって多少異なります。

 
インフルエンザにかかって休んでしまうと、職場には必ず迷惑をかけてしまいますよね。

1週間程度も休んでしまうことから、菓子折りを持って行ったほうがよいのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

復帰の日には菓子折りが必要かについても考えてみましょう。

スポンサードリンク


■インフルエンザからの仕事復帰で菓子は必要?

tmp.pdf
休んだことで迷惑をかけたお詫びの菓子折りは必要なのでしょうか?

それは職場の慣習によって大きく異なります。そうした慣習がない職場の場合には、菓子折りを持っていくことでかえって気を遣わせて、やり過ぎと取られる場合もあります。

基本的には、上司や職場の同僚に対して、

「ご迷惑をお掛けしました。」

という旨の挨拶で問題ないはずです。その後に、休んでいた期間の分を取り戻すつもりで仕事に励むようにしましょう。

ただし職場の慣習として何かと菓子折りを持ち寄ったり、前回病気やインフルエンザで休んだ人が持って来た前例がある場合には、その慣習に習って持って行ったほうが無難だと言えます。

 

■まとめ

インフルエンザのからの復帰について再度確認をしておきましょう。

インフルエンザからの復帰時期は・・・

インフルエンザ発症後7日(熱が下がってから2日間)経過してから

です。その理由として、自分ではインフルエンザの症状が治まったと思っても、発症後7日間はウイルスを排出しているためです。

社会復帰するにあたって、菓子折りは必要なの?と思われる方もいると思いますが、基本的に菓子折りは必要ありません。

それでも7日間も仕事を休んで職場の方々に迷惑をかけていると思いますので、その分を取り返すつもりで仕事に励むようにするとよいでしょう。

インフルエンザにかかる可能性は皆があるので、こういう時こそチームワークを発揮して、お互いにフォローし合っていけると素晴らしいですよね。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ