秋の抜け毛の原因とは?効果的な3つの対策法とは?

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s
朝起きて枕を見たとき、床を掃除している時、いつもより抜け毛が増えたと感じることはありませんか?

特に秋は抜け毛が多くなる季節です。

抜け毛の原因には様々な要素がありますが、季節が関係していることもあります。

今回は抜け毛の原因と対策についてご紹介します。

スポンサードリンク


■秋に抜け毛が多くなる原因とは?

830b29127d94485634143da696e3b165_s
実は秋は抜け毛が特に多くなる季節です。

人によっては他の季節に比べて3~4倍多くなると言われています。

主な原因は夏の間に溜まった頭皮の疲れですが、夏に受けることの多い3つのダメージがあります。

【原因①:紫外線】

紫外線は肌を老化させると言いますが、頭皮にも全く同じことが言えます。

日光を長時間浴びることで、頭皮も日焼けするのです。

頭皮の毛母細胞が紫外線によりダメージを受けると、細胞が傷ついてしまい、髪の毛の育成期間が強制終了されてしまいます。

その結果、夏の間に受けたダメージによって、秋になるとたくさんの髪の毛が抜け落ちるということが起きるわけです。

傷ついた細胞が回復できなかったため、二度と髪の毛が生えてこないという場合もあり、紫外線のダメージの強さがよくわかります。
 

【原因②:汗や皮脂】

体温調整のため夏の暑い時期には大量にをかきますが、それは頭皮も同じです。

汗腺は毛穴より高い位置にあり、が毛穴に溜まるような構造になっています。

そのため、汗によってふやけた毛穴の角質が毛穴を塞いでしまい、毛穴の炎症状態が生じて抜け毛の原因となることがあります。

また、頭皮の皮脂と混じり合い、ホコリなどの他の汚れもからめて角栓となり、毛穴を詰まらせてしまうこともあります。

毛穴の詰まりは抜け毛薄毛と大きな関係があり、これも見逃せない原因の一つです。
 

【原因③:クーラーによる乾燥】

夏なのに寒いと感じるほどクーラーを効かせている場所がありますが、これも頭皮へのダメージとなります。

クーラーの風に当たり続けることにより、頭皮が乾燥し弱ってしまうことがあります。

また、体が冷えることによって血行が悪くなり、発毛の働きも鈍ってしまいます。
 

何もせずに抜け毛を放置しておくわけにはいかないですよね。

秋の抜け毛対策はどうすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク


■秋の抜け毛対策は?

5ee59552d9dc31c73fc3e60fd21b7fd2_s

秋の抜け毛対策で3つの効果的な方法をご紹介します。
 

【対策①:ウーマシャンプー】

皮脂は過剰分泌するのも不足するのも髪にとってよくありません。

どちらの場合も抜け毛の原因となってしまいます。

夏から秋の時期にかけては特にバランスを崩しやすい皮脂量ですが、質の良いシャンプーを使うことによってバランスをコントロールすることができます。

そこでおすすめしたいのがウーマシャンプーです。

植物由来のアミノ酸系洗浄成分により、皮脂を洗い落しすぎることなく適度に整えてくれます。

また人間の肌と相性の良い馬油を使うことで、肌にとって必要不可欠な不飽和脂肪酸を摂取し元気な地肌を作ることができます。

馬油シャンプー【ウーマシャンプー 300ml】 フケ かゆみ シャンプー ノンシリコン シャンプー スカルプシャンプー スカルプケア 頭皮ケア スカルプ アミノ酸 シャンプー ボトル

 

【対策②:タンパク質と亜鉛の摂取】

ƒvƒŠƒ“ƒg
肌と同じく髪の毛が健康でいるにはタンパク質が必要です。

ダイエットなどでタンパク質が不足すると、髪がパサパサになってしまい、抜け毛の原因にもなります。

肉、魚、大豆にはタンパク質が豊富に含まれているので意識して摂取するようにしましょう。

また、亜鉛も抜け毛対策に役立つ栄養素です。

牡蠣や納豆、いわしにも多く含まれているのでバランス良く取り入れるようにしましょう。
 

【対策③:運動】

094448
頭皮の血流の悪さも抜け毛の原因となります。

そこで、運動により全身の血流を良くすることも、対策として良い方法です。

激しい運動よりもウォーキングなど緩やかな運動で徐々に心肺機能を高めるのが効果的です。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ