インフルエンザで48時間を過ぎたら!?どう対処すればいいの?

e25b35fdffeab18f4b9e39565a2f56d2_s
「インフルエンザを発症して48時間を過ぎたら、治療薬はもう効かないんだよね??」

私の友人の家族がインフルエンザに感染したときに、こんなことを聞かれたとのこと。タミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬は、発症後48時間以内に服用しないと効果を期待できない旨を聞きますね。

症状の重い風邪だと思い込んでしまい、インフルエンザにかかっているなんてことも…。でもその時間を過ぎてしまったら、どうすればよいのか気になりますよね^_^; そこで、

インフルエンザ発症から48時間を過ぎた場合の対処法

コレをご紹介していきます。時間が過ぎてしまったから何も出来ることがないと、諦めないようにしましょうね。

今回はインフルエンザ発症から48時間過ぎた場合の対処法についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


■インフルエンザ発症から48時間を過ぎた場合の対処法は?

039529
インフルエンザウイルスを退治することのできる治療薬は、現在の医療技術ではまだ開発されていません。

インフルエンザの治療薬として使用されているものとして、「タミフル」や「リレンザ」があります。これらはウイルスを退治する作用はなく、あくまでウイルスの増殖を抑える薬なのです。

発症から48時間が過ぎている場合、インフルエンザウイルスが過剰に増殖にしてしまいます。この状態では、インフルエンザ治療薬の効果は、もはや期待できないのです。

 
そこでインフルエンザ治療薬が間に合わなかった場合には、一時的に症状を和らげる対症療法が主となります。つまり、高熱・くしゃみ・鼻水などの症状に応じて和らげるための治療になるということ。

対症療法では主に薬を使用しますが、その場合に注意点があります。

どういったことに気を付ければよいのかを見ていきましょう。

スポンサードリンク


■薬を使う場合の注意点とは?

470847
対症療法によって薬を使用する場合に注意したい点があります。それは、使用する薬剤の選択を間違えないことです。

インフルエンザで特に困ることが多い症状は「高熱」ですが、ロキソニンやボルタレンといった解熱剤は避けるようにしましょう。それは、場合によってインフルエンザ脳症という重篤な副作用を引き起こすリスクがあるからです。

インフルエンザの時に使用すべき解熱剤は、

アセトアミノフェン

このことをしっかりと頭に入れておきましょう!他の解熱剤と比較して副作用が少ないと言われている成分であり、小児への使用も推奨されています。

 
ただし一番安心なのは、市販薬ではなく医療機関を受診して医師の指示を受けることです。自己判断に頼らず、48時間過ぎたとしても病院で診てもらう方が安心です。

また、病院に行けばインフルエンザかどうかを調べるための検査を受ける可能性が高いです。48時間過ぎてからインフルエンザと分かったとしても、検査の意味はあるのでしょうか?

続いてインフルエンザ発症から48時間を過ぎた場合の検査の意義について見ていきましょう。

スポンサードリンク


■48時間を過ぎたら検査は意味がない?

547287
発症から48時間過ぎた場合、インフルエンザ治療薬の効果を期待することはできないため、病院に行っても治療薬を処方される可能性は非常に低いです。

「それじゃあ発症から48時間を過ぎたら検査は意味がないんじゃないの?」

こんな疑問も湧いてくると思います。でも、ちょっと待ってください!

 
インフルエンザの疑いがある場合には、病院に行って検査を受けるのがベスト。

それは、ウイルスそのものを減らすことはできなくても、適切な処置をして症状を緩和させることができるからです。また、検査によってインフルエンザかどうかの診断を受けることできるので、周囲への感染防止にもつながります。

自覚症状は治まっていても、感染期間中は他の人にうつしてしまう可能性が高いので、自己判断は禁物です。そのため、発症から48時間を過ぎていたとしても、病院に行って検査・診断を受けるようにしましょうね。

 

■まとめ

インフルエンザ発症から48時間を過ぎた場合の対処法について振り返っておきましょう。

<インフルエンザ発症から48時間を過ぎた場合の対処法がコレ!>
対症療法を行う(症状を和らげる治療)
⇒ 高熱・くしゃみ・鼻水など

 

インフルエンザによって、特に日常生活に支障を来たす症状が「高熱」です。そんな場合には、解熱剤を使用することになりますよね。

病院を受診して薬の処方を受ける分には問題ありませんが、市販薬を使う場合には要注意!誤った薬を使用すると、副作用が出てしまう可能性があります。安全なのは、アセトアミノフェンという成分の解熱剤です。

インフルエンザに感染したか疑わしい場合には、病院に行って検査を受けましょう。たとえ発症から48時間以上経過してインフルエンザ治療薬を服薬する対象ではなくなっている場合でも、症状を抑える適切な処置ができるからです。

発症してからの時間に関わらず、病院に行って検査・診断を受けることによって、会社や学校への復帰時期を正しく見極めることにもつながるのです。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ