ノロウイルスの子供の症状とは?この4つが特徴!

free-illust23
子供がノロウイルスにかかると、どんな症状が出るの??

ノロウイルスによる感染が一気に増える冬場は要注意!大人でも耐え難いものですが、子供がかかってしまったらとても心配ですよね。

お子さんが学校・幼稚園・保育園からノロウイルスをもらってくるケースって結構多いんですよ^_^;

私の友達の子供も感染したのですが、看病が大変だったとのこと(-_-;) 当初は、風邪かなと思ったそうです。というのも、友人自身がノロウイルスに感染した経験がないため、ノロウイルスの可能性ということが全く頭に出てこなかったみたいです。

お子さんが感染した際に、風邪なのかノロウイルスなのか、別の原因なのかがある程度わからないと、あたふたしてしまう可能性がありますよね。そこで、子供がノロウイルスにかかったときの特徴をしっかりと把握しておきましょう!

 
実際、子供が感染した時には、どういった症状が出るのでしょうか?それは、

主に4つの症状が特徴

です。また、大人と子供では特徴に違いがあるんですよ。その点についてもしっかりと頭に入れておきましょうね。

それでは、ノロウイルスの子供の症状について一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク


■子供がノロウイルスに感染した時の症状とは?

free-illust21
子供ノロウイルスに感染した場合、現れる症状は主に4つです。それは、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐(吐き気)
  • 発熱

です。ただし、すべての症状が出るとは限らないので、この中でいくつか当てはまっていれば、ノロウイルスの可能性があります。

それでは、1つ1つの症状を詳しく見ていきましょう。

 

症状①:腹痛

腹痛は下腹部にチクチクとする痛みを感じる場合が多いです。また、腹痛とともに下痢の症状も同時に出ることが多いので、トイレから出られないくらいひどいことも…

痛みの程度は、それほど気にならない程度から夜も眠れない程度までと、子供によってそれぞれです。

 

症状②:下痢

下痢は通常の場合とは、見た目と臭いが大きく異なります。

色は白~淡い黄色であり、米のとぎ汁のような下痢と例えられることが多いです。また、臭いは鼻にツーンとくる感じの酸っぱい臭いが特徴的です。

これらのことから、便によってノロウイルスの可能性をぐーんと絞ることができるのです。

 

症状③:嘔吐(吐き気)

突然の嘔吐からノロウイルスの症状が出始めるケースが多く、最初の6時間くらいが最も強く症状が出ます。

酷い場合は、1日で10回以上も嘔吐を繰り返すということもあります。

 

症状④:発熱

症状として発熱が出ることがありますが、38度以下の微熱であるケースが多いです。39度を超えるような高熱になるケースは、ほとんどありません。

 
子供がノロウイルスに感染した場合には、ある特徴があります。どんな特徴があるのでしょうか?

続いて、その点について見ていきましょう。

 

■子供が感染した際の特徴とは?

039529
大人の場合と比較して、子供が感染した場合には特徴があります。それは…

  • 回復が遅い
  • 症状が軽い
  • 嘔吐の症状が出やすい

ということ。

免疫や体力は大人に劣るため、回復期間は長くなります。大人だと2~3日なのに対し、1週間程度かかってしまいます。

しかし、大人より消化器官が短く、ウイルスを排出しやすいので、症状は比較的軽く済みます。

また、大人は嘔吐より下痢が多いのに対し、嘔吐の症状が多いのも特徴です。

 
子供がノロウイルスにかかってしまったら、どんな点に気をつけてあげるとよいのでしょうか?

続いて、子供の場合に特に注意したいことについて見ていきましょう。

スポンサードリンク


■子供の場合に注意したいことは?

081598
子供の場合に特に注意したいのは、嘔吐による脱水症状です。

嘔吐がある場合には、負担なく水分を摂ることができるように注意してあげましょう。

  • 経口補水液
  • お茶
  • 湯冷まし

をこまめに与えるのがおすすめです。
 


【水分補給のポイント】
 嘔吐後30分間は水分を摂るのを控える
          
 小さじ1杯の水を飲ませて5分間様子を見る
          
 問題がなければ、小さじ2杯を飲ませて5分間様子を見る
          
 そして次は、小さじ3杯で5分間様子を見る
          
 量を増やしながら様子を見ていく

 
吐き気が収まったタイミングを見て少量を与え、様子を見てしばらくしてからまた与える、というように数回に分けて水分を補給することがポイントです。

途中で吐き気が生じた場合は、胃腸が暴れている状態です。無理やり飲ませても逆効果になりますので、落ち着くのを待ってから、もう一度与えるようにしましょう。

また、水分を摂れないほどぐったりする程度に症状が重い時には、すぐに病院を受診するようにしましょうね。

 

■まとめ

子供がノロウイルスに感染した時の症状について振り返っておきましょう。

<子供のノロウイルス症状はコレ!>

  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐(吐き気)
  • 発熱

 

特にノロウイルスで特徴的なのが「下痢」。

通常の場合とは、見た目と臭いが大きく異なるのです。色は白~淡い黄色であり、米のとぎ汁様と形容される見た目です。また、臭いは鼻にツーンとくる感じの酸っぱい臭いです。

友人にこのことを教えてあげたところ、「次は絶対注目してみる!もう二度とかかってほしくないけど(笑)」と言っていました ^^

残念ながらノロウイルスには治療薬がないので、症状が治まるのを待つしかありません。せいぜい薬で症状を楽にするくらいです。

そのため、こまめな水分補給を行い、お子さんの症状が治るようにしっかりとサポートしていきましょうね!


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ