ノロウイルスで病院の検査は必要?その答えとは!

hospital-502885_640
ノロウイルスにかかると尋常ではない下痢や吐き気に襲われるため、通常の腹痛とは違うとすぐ自覚するはずです。

症状が激しいため焦ってしまいがちですが、ノロウイルスにかかったら必ず病院へ行かなければいけないのでしょうか?

「早くノロウイルスの検査を受けなくては」「薬を飲んでノロウイルスの治療をしなくては」と思いがちですが、実はそうとも限りません。

そのような疑問を解消していくためにも、ノロウイルスに関する知識を知っておきましょう!

ノロウイルスの感染は冬場が多いので、病院には風邪やインフルエンザの感染者なども多くて待たされる時間も大変長いですよね。

今回はノロウイルスで病院に行くべきかどうかと、判断の仕方についてご紹介します。

スポンサードリンク


■ノロウイルスで病院に行くことは必要?

dai_byouin
結論から言ってしまいますと、ノロウイルスの場合は基本的に病院に行く必要はありません。

持病があったり体の弱い高齢者であったりというわけでなければ、自宅で安静にしていれば自然治癒できます。

そこでノロウイルスで病院へ行く必要のない主な3つの理由を更にご説明します。

 

【理由①:治療薬・ワクチンがない】

ノロウイルスには有効な治療薬はありません。

病院へ行ったとしても吐き気や下痢などの症状を軽減するために行われる対症療法のみの対応となります。

症状が強い場合や体力の限られている高齢者や小さな子供の場合は、嘔吐や下痢から来る脱水症状等が懸念されるため、病院へ行ったほうがいい場合もあります。

しかし、大抵の場合は病院での対処療法を取らなくても、自宅で安静にして水分と栄養補給を気をつけていれば問題ありません。

ノロウイルスにとって大切なのは、ウイルスを早く体内から追い出すことなので、病院へ行ってもあまりするべき治療はないと言えるのです。
 

【理由②:検査が100%正確ではない】

2つめの理由として、病院に行ったとしてもノロウイルスだと正確に特定できるわけではないということです。

検査はキットによる検便検査となりますが、ノロウイルスは人間の小腸で作られる成分なので、ノロウイルスにかかっていても陰性の結果が出ることがあります。

病院で受けられるノロウイルスの検査は簡易的なものであり、精度は100%ではないのであまり正確であるとは言えません。

逆に、精度の高い検査は結果が出るのに一週間以上掛かることがあり、結果が出る頃には症状が落ち着いてしまっているのであまり意味がありません。

会社が検査結果の提出を要求しているなどの場合でない限り、特に検査の必要はないと言えるでしょう。
 

【理由③:保険適用に制限がある】

費用的な面から見ても、ノロウイルスで病院にかかる必要はないと言えます。

ノロウイルスの検査は保険適用される対象に制限があります。

例えば3歳未満もしくは65歳以上の方、特定の持病を持つ方等は保険適用になりますが、それ以外は基本的には保険が適用されません。

保険適用されない場合は5000円程度の自費がかかることになります。

時間の経過とともに自然治癒するノロウイルスのために、この費用を出すのはあまり割に合わないと言えるかもしれません。

 
しかし、原因がわからず、ノロウイルス?それともインフルエンザ?単なる胃腸炎?といった場合には、病院に行った方がよいでしょう。

それでは病院にかからないとしたら、自己判断で大体ノロウイルスにかかったと予測する方法はあるのでしょうか?

次にノロウイルスにかかったと判断する方法をご紹介します。

スポンサードリンク


■ノロウイルスかどうかを知るためには?

free-illust23
ノロウイルスかどうかを判断するには以下のことを注意してみましょう。

  • 牡蠣を生で食べたか?
  • 身近に感染者がいたか?

の2点です。

ノロウイルスは牡蠣の生食から生じる場合と、感染者の汚物処理をして二次感染をした場合がほとんどです。

そのため、牡蠣の生食は極力避け、身近に感染者がいる場合は共同でタオルやコップを使うことは避けましょう。

思い当たる場合には適切な休息を取って、早く回復できるよう対処するようにしましょう。

 

■まとめ

ノロウイルスの場合は基本的に病院に行く必要はありません。

「牡蠣を生で食べた」「身近に感染者がいた」などの原因はなく、何が原因かわからない場合は、病院に行った方がよいかもしれません。

ノロウイルスに感染しても病院に行かなくてもよいというのは、下記のような理由があるためです。

理由①:治療薬・ワクチンがない
理由②:検査が100%正確ではない
理由③:保険の適用は3歳未満・65歳以上

たとえ検査でノロウイルスに感染しているとわかっても、ノロウイルスに対する治療薬があるわけではないので、熱を下げる・腹痛を抑えるなどの対処になってしまうわけです。

しかも、3歳以上かつ65歳未満の健常人は、保険適用を受けることができないので、10割負担となってしまいます。

ノロウイルスで病院に行く必要ないことを話している医師も多数いるので、わざわざ具合の悪い時に病院で検査を受けるメリットがあるのかな?と思ってしまいますよね。

まずはノロウイルスに感染しないように、日々規則正しい生活を送っていきましょう!


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ