インフルエンザは湿度で対策!どのくらいが最適?

113186
冬の乾燥対策として、湿度管理を気にかけている方が多いと思います。

加湿器の普及率がかなり上がっているのも湿度を意識している人が増えている証拠ではないでしょうか?

湿度管理をすることは、インフルエンザ対策にも効果があります。

夏にはインフルエンザになるという話は聞かないのに、なぜか冬になると毎年必ずインフルエンザが流行しますよね。

それはインフルエンザウイルスの生存率は湿度によって大きく変わってくるのです。

冬は乾燥するため、何も対策していないと湿度が低く、インフルエンザウイルスが生存しやすい条件が整ってしまい、私たち人間が感染してしまいます。

インフルエンザ湿度管理で対策することが重要ですが、どのくらいの湿度を保てば、インフルエンザ対策に効果があるのかを今回ご説明していきたいと思います。

スポンサードリンク


■インフルエンザと湿度の関係は?

329a11b787b7874c0abd395e8feeb234_s
1961年にG.J.Harperらによって発表された論文によると、インフルエンザと湿度には大きな関係があります。

温度と湿度を変え、インフルエンザの生存率を比べる実験をした結果、湿度が50%以上になると、インフルエンザの生存率が大幅に下がることが明らかになりました。

温度21~24℃・湿度20%時のインフルエンザウイルスの6時間後生存率が60%に対して、同じ温度で湿度を50%に保つと生存率は3~5%になりました。

温度が32℃で湿度が50%以上の場合、なんと6時間後のウイルス生存率は0%ということです。

インフルエンザウイルスの生存と湿度には明らかな関係性があることが論文にて報告されています。

それでは実際に家で湿度管理をする場合には、どのくらいの湿度を目安にすればよいのでしょうか?

最適な湿度についてもご紹介したいと思います。

 

■インフルエンザ対策に最適な湿度はどのくらい?

001181
人体にとって一番最適な湿度は50〜60%です。

インフルエンザの対策と共に室内で快適に過ごせるベストな湿度であると言えます。

乾燥を気にする人の中には湿度が高ければ高くなるほどいいと考える方がいますが、湿度がそれ以上になると、ダニカビの発生原因になり健康的でありません。

逆にそれ以下になると、インフルエンザウイルスが活動しやすくなるので、50%以上に保つのが効果的です。

湿度は人間の肌感覚では計りにくいものなので、湿度計を利用することで正しく計測することができます。

冬は乾燥する季節なので、何も対策をしないでいると、湿度が50%を超えることはまずないでしょう。

今年は加湿器を買ってみようという方から、もっと手軽なもので加湿したいという方もいるかと思います。

そこで簡単にできる湿度管理対策についてもご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


■簡単な湿度管理対策3選!

機械に頼るものから家にあるものを使うまで、簡単な湿度管理対策を3つご紹介します。

【対策①:加湿器】

6da7da09388d5cabbbf0b3caccc2fafb_s
一番簡単なのは加湿器を購入することです。

加湿器なら細かい湿度管理を自動で行ってくれるため、部屋をいつでも最適な湿度に保つことができます。

購入する費用さえ気にならなければ、一番簡単な対策方法です。

 

【対策②:濡れタオル】

towel-24519_640
最も手軽でお金もかけない方法であれば、濡れタオルを部屋につるすだけでも効果があります。

タオルはバスタオルなどの大き目のタオルを使うと効果が高まります。

お風呂上りに使ったタオルをかけておいたり、洗濯後のタオルを乾かすついででも良いので、普段から使うついでに乾燥対策もできてとても簡単です。
 

【対策③:洗濯物を干す】

s004_775
洗濯物を部屋干しにすれば、乾燥対策にもなって一石二鳥です。

家の中に干す場所がない場合には突っ張り棒を買ってくれば、手軽に部屋干しスペースを作ることができます。

なるべく窓側の日の当たる場所で干すようにすると、生乾きの臭い対策にもなります。

また、今は良い香りのする部屋干し用の洗剤も多くの種類が出ており、それらを活用すれば部屋干し特有の臭い防止になりますので、心配は不要です。

 

■まとめ

インフルエンザの湿度管理について、もう一度振り返っておきましょう!

インフルエンザウイルスは湿度が50%以上になると、急激に生存率が下がります。

そのため、湿度を50%以上にする必要がありますが、その方法として、

  • 加湿器の使用
  • 濡れタオルをつるす
  • 洗濯物を干す

ことが簡単な方法です。

湿度は高ければ高いほど良いのかというと、そうではなく50〜60%がベストです。

それはなぜかというと、60%以上になると今度はダニやカビが繁殖してしまう可能性があるので、高すぎるのも良くありません。

温度とは違い、湿度は体感でどのくらいかということが中々わからないので、湿度計を利用して50〜60%となるよう、湿度管理を行っていきましょう!


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ