インフルエンザの症状と対策(2 / 4ページ)

インフルエンザの関節痛はどう対処すればいい?この2つがポイント!

175df0293e58efb5a78f746d2f579cb3_s

インフルエンザの関節痛はどう対処していけばよいのでしょうか?インフルエンザになると、全身の関節痛が起こる可能性があります。関節の痛みを和らげるには、2つのポイントがあります!これらの緩和する方法を実践し、インフルエンザの関節痛を対処していきましょう!

インフルエンザ脳症の後遺症とは?危険な5つの症状がコレ!

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

インフルエンザ脳症の後遺症にはどういったものがあるのでしょうか?主な症状として、運動麻痺・知的障害・てんかん・高次脳機能障害・嚥下障害があります。インフルエンザ脳症の大半は小児に起こるため、後遺症が残る確率が高くなります。インフルエンザ脳症の後遺症の症状と後遺症が残る確率がどのくらいなのかを見ていきましょう。

インフルエンザの家族感染予防!ポイントは7つ!

363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

インフルエンザの家族感染は避けたいものです。家族の誰かがインフルエンザに感染すると、連鎖的に感染する可能性があるため、対策を知りたい方が多いのではないでしょうか?そこで今回はインフルエンザの家族感染の予防ポイントを7つに絞ってお届けします。

インフルエンザで40度の子供!対処はどうすればいいの?

ba1cb781d1160324aa4a23af44e0359c_s

子供がインフルエンザで40度の熱が出た場合には、どのように対処をすればよいのでしょうか?効果的な対処法は主に2つ。適切な対処を行うことで、インフルエンザの治りが早くなったり、辛い症状を和らげることにつながります。インフルエンザで40度の熱が出た場合の対処法を見ていきましょう。

インフルエンザは湿度で対策!どのくらいが最適?

113186

インフルエンザは湿度によって、私たちが感染するリスクが大きく変わってきます。インフルエンザウイルスは湿度が高くなると生存できなくなるので、湿度管理によって対策をしていくことが重要です。インフルエンザ対策にはどのくらいの湿度にすればよいのかをみていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ