夏のゴルフの熱中症対策はどうすればいい?

4d2427deb923718a44fa095b3139c617_s
夏のゴルフ、気をつけなくてはいけないのが熱中症です。

ゴルフは外で長時間プレーをするスポーツです。

休憩場所は各所にありますが、一度ボールを打てばカートに乗る
以外は直射日光にさらされます。

プロの選手も熱中症により熱疲労、熱けいれん、熱射病や脱水症、
過換気症候群などで倒れてしまう事もあります。

最悪の場合は命にも関わってきます。日本の夏は高温多湿です。

しっかりと熱中症対策をしてプレーを楽しみしましょう。

 

■ゴルフ前にできる熱中症対策は?

101736b
事前の対策により熱中症はある程度防ぐことができます。

対策方法を紹介していきますのでぜひ参考にして下さい。

【ウェア(インナー、ポロシャツ)】

暑い夏、できるだけ涼しい恰好をと思い、半ズボンにポロシャツ
インナーを着ないまま着用していませんか?

しかし、ゴルフではインナー着用をした方が良いんです。

夏用のゴルフウェアのインナーを触ったことがある方は分かると
思うのですが、吸収速乾性があり、実は着ていたほうが汗を
かいても暑くない
んです。

メッシュ生地なら通気性は抜群!

さらに長袖のものなら日焼け予防にもなりますし、皮膚がんも
予防できます。

日焼けすると疲労も高いですから、夏のゴルフはファッション
よりも身を守る事を優先に考えていきましょう。

また、夏は必ずゴルフ専用のウェアを着用しましょう。

他の季節でしたら、普通の素材のものでも大丈夫ですが、
夏は通気性や汗の吸収性に特化したウェアを選ぶのが
自分の身を守るコツです。

ゴルフウェアがどうしてもない場合はスポーツ専用のウェア
にしましょう。

選ぶ基準は、通気性、汗の吸収性はもちろんですが、
できるだけ熱を吸収しない白色を選ぶのもおすすめです。

ポロシャツは速乾性のある素材のものを選びましょう。

メッシュタイプは特におすすめです。

最近はUV加工が施されている商品も販売しているので、
日焼けが気になる方はこちらをチョイスすると良いでしょう。

また、汗をかきますので、午前が終わり午後も同じウェアでは
気持ちが悪いと思う方もいらっしゃると思います。

それに、汗に濡れたウェアは体温を下げにくくさせてしまうので、
着替えを用意しておくといいでしょう。

冷却機能のあるウェアもありますので、これらを利用するのも
良いでしょう。
 

【帽子】

夏のゴルフは絶対に帽子をかぶりましょう。

サンバイザーでは頭頂部を保護することができませんし、
直射日光があたってしまうとかなり疲労を感じます。

最後まで元気にプレーを楽しむにはキャップがおすすめです。

紫外線対策にも効果的です。

しかし、蒸れてしまう事もあると思いますので、
こちらも通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

また時々は外して風を通す事も効果的です。

最近では日焼け対策にさまざまな帽子が販売されているので、
自分にあった帽子を選ぶようにしましょう。
 

【日傘】

女性ではなく男性も日傘をさす方が増えています。

熱中症や紫外線のリスクを減らすためにも直射日光を浴びないように
日傘をさすことをおすすめします。

皮膚の炎症や皮膚がん、皮膚老化のリスクを減らすだけではなく、
日傘は暑さを和らげてくれます。

また、ゴルフ用の日傘はとても軽く、開閉が簡単なものがあります。

メッシュ生地のものは見た目も涼しく、風を通してくれます。

UVカットが高いものもおすすめです。
 

【食べ物・飲み物】

ゴルフのプレー中に特に大切なのは水分補給塩分補給です。

水分だけでは熱中症予防に十分ではありません。

塩分を同時に摂ることで熱中症になるリスクを大幅に下げてくれる
のです。

最近、塩飴というものが販売されています。

口の中で転がせば溶けますので、手軽に塩分を摂取できておすすめです。

またスポーツドリンクなども塩分が含まれていますので、
こちらも利用しましょう。

500mlのペットボトルを二本ぐらいは必ず持っていくように
しましょう。

 

■熱中症かな?と思ったら

3771031afa79018fcf49b5974de7b4ef_s
熱中症の度合いを見分けるポイントをご紹介します。

【軽度の症状】

・立ちくらみ
・めまい
・汗が止まらない

【中等度の症状】

・倦怠感
・頭痛
・吐き気

【重度の症状】

・痙攣
・意識不明
・歩行困難

軽度の場合は木陰や涼しい場所で休憩をしましょう。

中等度の場合はプレーを中断しましょう。

重度の場合はゴルフ場のスタッフにすぐ連絡をしてください。

生死に関わる危険性があります。

またゴルフ前の体調管理はしっかりしていきましょう。

寝不足、熱がある、体調が思わしくない、二日酔いの場合は
キャンセルしましょう。

アルコールを飲んでのプレーも熱中症の危険が高くなるので
避けましょう。

熱中症の対策をきちんと行って、楽しくゴルフをしていきましょう!


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ