夏の熱中症の対策と予防はどうすればいい?

045721
に気をつけなければいけないのが「熱中症」ですね。

熱中症は気温や湿度が高い環境下で、体の体温調節機能がうまく働かず、
体内に熱を溜めこんでしまうことで起こります。

重症の場合、死に至ることもある熱中症。

事前にきちんと対策を立てれば、発症率をグンと下げること
ができるのです。

熱中症に対する知識を身につけて、対策と予防をしていきましょう!

 

■熱中症の症状とは?

プリント
熱中症になってしまった場合の症状をご説明します。

三段階に分かれていますので、十分な対策を心がけていきましょう。

【I度 重症度:軽度】

顔面が青くなる、立ちくらみがする、めまいがする、過呼吸になる
などの場合は熱失神が考えられます。

熱失神とは暑さで血管が拡張して、血液量が減少して脳へ送られる血流量
が少なくなることで起こる熱中症の初期症状のことです。

熱失神を放っておくと、失神に至る危険性があります。

多量の発汗、吐き気、喉の異常な乾き、体温が高くなる、
けいれん
が起こる場合は熱けいれんが考えられます。

木陰や屋内などの涼しい場所に運んで、衣類をゆるめて寝かせてください。

水分補給をし、足を高くしましょう。

水分補給が出来ない時は病院へ連れて行きましょう。
 

【Ⅱ度 重症度:中等度】

頭痛、吐き気、力が入らない、ぐったりするなどの場合は熱疲労
の可能性があります。

熱疲労とは大量の汗をかくことによって、大量の水分と塩分が失われて
起こる症状のことです。

熱疲労は重症の熱中症になる一歩手前の危険な状態です。

体温は平熱の場合でも39度まで上がってしまうこともあります。

意識を失っている場合には、すぐに救急車を呼びましょう。
 

【Ⅲ度 重症度:重度】

40度以上の高熱、顔面蒼白、意識がなくなる、返事がおかしくなる、
歩けない
など場合は熱射病の可能性があります。

呼吸が停止して死に至る危険があります。

熱射病は熱中症の中で最も症状が重いです。

救急車がくるまでの対策としては、身体を冷やすこと、
足を高くすることです。

涼しい場所に運び、水をかけるといった応急処置をしましょう。

 

■熱中症の予防と対策

①水分と塩分の補給

bousai_water
熱中症対策はこまめな水分補給・塩分補給が必要になります。

喉の渇きがない場合でも、水分をこまめに摂取しましょう。

喉の渇きがあるということは、体の水分が既に不足している状態です。

また、就寝時の熱中症も増えています。

枕元にペッドボトルを置いて、寝る前と起床時に呑むようにしましょう。
 

②室内の温度調節

020957
クーラーや扇風機を使用して室内の温度を下げる工夫をしていきましょう。

室温の目安ですが、最低でも28度以下にはなるように対策しましょう。

特に寝る前は室内を適温にしておくようにしましょう。

換気や遮光カーテン、すだれ、打ち水なども効果があります。
 

③外出時の対策

umbrella-30440_640
汗を吸収してくれる吸湿性の優れた素材の服を着るようにしましょう。

吸湿性の良い素材としては綿、麻、羊毛、絹などがあります。

日傘帽子を使用するとかなり涼しくなります。

特に日傘は近年男性用のものも普及していますので、積極的に
使用していきましょう。

黒色の衣類は日光の熱を吸収して熱がこもるので、
避けるようにしましょう。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ