カビアレルギーの対策は?梅雨の時期に気をつけたいこと!

9e5cc42945ef5d8e7f7d84bfb1900d87_s
梅雨の時期は湿気が多く、気持ちまでモヤモヤしますよね。

そんな梅雨の時期にはカビが発生しますが、このカビが原因で
アレルギーを引き起こすこともありうるのです。

そんなカビアレルギーはどういった症状が出て、
どういうことに気をつければいいかを今回ご紹介します。

湿気の多い時期は特にカビ対策を万全にしていきましょう。

 

■カビアレルギーとは?

アレルギーといえば、食品、ダニ、花粉などが有名ですが、
カビアレルギーというものも存在します。

カビの胞子を吸い込むことによってアレルギー症状を発症します。

カビアレルギーの種類はいくつかありますが、
ほとんどが球形で、直径が0,01mm程の大きさです。

カビの胞子は3mm/秒程度の速さで落下します。

カビが落下してくるというイメージは、
なかなか湧かないのではないのでしょうか?

普段私たちが目にしているのは、カビの胞子の集合体です。

花粉とは違い、外よりも家の中の方がカビの胞子の量が
ずっと多いことも特徴です。

そのため、外では症状は出ないのに家の中だと症状が出る
というところがポイントです。

044387

■カビアレルギーの症状とは?

【目の症状】

アレルギー性結膜炎」がカビによって引き起こされることが有ります。

これはかゆみ、目やに、ごろごろする、涙が出るなどの症状が起きます。

カビの胞子が空中にある時に目に入る確率は高くなります。

目の表面をうるおしてくれているタンパク質が溶けて、カビの胞子が
結膜に到達します。

結膜がどこにあるかというと、まぶたの裏側から眼球へと折り返し
ている部分です。

眼が痒いというのは眼球ではなく、まぶたの裏側が痒いということ
なのです。
 

【鼻の症状】

鼻の中にカビが入り込むと、「アレルギー性鼻炎」が起きます。

症状としては、くしゃみ鼻水、鼻づまりです。

鼻の穴にカビが入り込むと、穴の表面にある粘膜に張り付きます。

鼻は目でいう涙があるわけではないので、反応は遅いです。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こるのは、カビを鼻から外に出すための
体の免疫反応が機能しているからなのです。
 

【のど(呼吸器)の症状】

呼吸器のカビアレルギーは「アレルギー性咽喉頭炎」や
アレルギー性気管支喘息」があります。

これらの症状としてたん、のどのかゆみ、咳などがあります。

口に入り込んだカビは唾液と一緒にさらに奥へと入ってきます。

扁桃腺の粘膜に付着し、免疫作用が働くと炎症の反応を起こして
しまうのです。

呼吸し、気管支に到達した場合は気管支の粘膜に付着し、
乾いたような咳が出ます。

 

■カビアレルギーの対策はどうすればいい?

【対策①:除湿】

基本は除湿です。

カビは温度が25~30℃で、湿度60~80%で最も活発に増殖します。

湿気の多いところにカビは発生しやすいですよね。

どんなに掃除をしても、カビを完全に消滅させることは不可能ですが、
湿気だけはどうにかすることができます。

露を拭きとったり、お風呂は入ったら冷たい水をかけて
換気をしたりすることが肝心です。

また、除湿機を使うという手もあります。

それ以外には、風通しをよくすること、特にタンスの裏といった
密閉された空間に風を入れてあげる事が大切です。

カビの弱点は風です。

湿気が多いところでも、風があればカビは一定の場所に定着できません。
 

【対策②:水回り・浴室の掃除】

浴室はカビにとって繁殖に適した条件が揃っている場所です。

高温多湿がカビ発生・繁殖・成長の大きな原因です。

水回りも同様です。

水回りはこまめに拭きとること。

お風呂から出るとき、冷水をざっとかけて換気をする事が大切です。

扇風機などを使うことも効果的です。

また、ドアを開けて風を入れるなどの対策をこころがけていきましょう。
 

【対策③:寝具を清潔にする】

人は一晩で平均200mlのをかくといいます。

布団やパッドなどにはかなり汗を吸収しているので、
これがカビの原因にもなります。

ですから、吸収した汗を放出することが大切です。

それには日干しが効果的になります。

なるべくこまめに干すようにしましょう。

梅雨の時期などに雨が続くときは布団乾燥機を使うようにしましょう。

 

■最後に

家の中にいるとアレルギー症状が出てくるという場合は、
カビアレルギーかもしれません。

家でカビアレルギーの症状が起こる場合、
どの場所で症状が強く現れるかをチェックするようにしましょう。

そうすることによって、カビが多く潜んでいる場所を特定しやすいです。

あまりにもカビアレルギーの症状がひどい場合には、
引越しをするという手段もあります。

まずは自宅のカビ対策をしっかり行い、アレルギーに備えましょう!


スポンサードリンク


One Response to “カビアレルギーの対策は?梅雨の時期に気をつけたいこと!”

  1. […] 参照元:[カビアレルギーの対策は?梅雨の時期に気をつけたいこと!] http://kenko-arekore.com/ […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ