血栓の薬の副作用とは?注意すべき特徴がコレ!

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_s
「血栓を予防する薬にはどんな副作用があるの??」

血栓を予防する薬のことを“抗血栓薬”とも言います。

私の祖母が抗血栓薬を服用しています。今まで副作用を感じたことはないものの、日常生活には十分に気を付けているとのこと(^^;) 祖母は「このタイプの薬は、食品によって副作用が出る可能性があるから、食べちゃいけないものもあるのよ~」と言っています。

血液中にできる血栓は、脳梗塞・心筋梗塞・肺塞栓症などの原因となる可能性があります。症状が重いと命にも影響を及ぼす血栓は怖いもの(;_;)

そのようなリスクを減らす役割を果たすのが、抗血栓薬です。薬であるため、もちろんコレも付きもの。それが・・・

抗血栓薬の副作用

血栓の形成を防ぐことはもちろん大切ですが、よいことばかりではありません。安心して服用し続けるために、副作用についても十分知っておきましょう。

今回は血栓副作用についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク


■抗血栓薬の副作用とは?

371627
抗血栓薬は血栓を溶かす働きがあります。しかし、それは逆に言えば、血が固まりにくくなる作用もあるということ。

そのため、副作用として次のような症状が出ることがあります。

<抗血栓薬の副作用による症状>
【内出血】
皮膚にアザができる可能性があります。こぶしサイズのアザやアザの数が多い時は、主治医に相談しましょう。

【鼻血】
一度鼻血が出ると、止まりにくくなる場合があります。鼻血が出るのを避けるために、鼻を優しくかむようにしましょう。

【歯茎からの出血】
歯茎から出血すると、止まりにくくなる場合があります。歯茎を傷つけないように、柔らかめの歯ブラシに変えましょう。

【血痰(けったん)・血尿・血便】
血痰・血尿・血便が出る場合には要注意。痛み等はなくても、内臓からの出血サインなので、すぐに主治医に連絡をすることが必要です。

 
このように抗血栓薬を服用中の期間は、血が止まりにくくなる傾向にあります。怪我などには十分注意して、出血しないように心がけましょう。

 
とは言っても、抗血栓薬を服用中に歯の治療をする場合があるかもしれません。やむを得えず、治療のため抜歯する場合には、抗血栓薬を中止すべきなのでしょうか?

抜歯の際にはどうすべきなのかを次の章で見ていきましょう。

スポンサードリンク


■抜歯の際は薬の服用を中断した方がいいの?

sozai_17198
抜歯をすることになった場合には、「血が止まらないと怖いから、抗血栓薬の服用を一時的に中断した方がいいのかな?」と気になりますね。その答えは・・・

抗血栓薬を中断することは厳禁

抜歯の際に抗血栓薬の服用を中断すると、脳梗塞の発症率がなんと約3倍になるという報告があるのです!むしろ抗血栓薬を中断せずに抜歯をしても、出血性の合併症が起こることはほとんどないということが確認されています。

心配な場合には事前に歯科医に相談すること。止血に配慮した方法で治療を行うことができます。

現在では抗血栓薬を中断せずに抜歯することが一般化されていますので、決して自己判断で服薬を止めることがないようにしましょうね。

抜歯の他にも気をつける点があります。抗血栓薬としてある種類の薬を使用していると、日常生活でも注意を払う必要があります。

続いて見ていきましょう。

スポンサードリンク


■この薬は日常生活でも要注意!

152796
抗血栓薬の中でもこの薬を使用している場合には、日常生活でも特に注意が必要です。その薬とは・・・

ワーファリン(ワルファリン)

この薬には気を付けなければならない点があります。それは、同時に摂取する食べ物によって効果が変わってしまう可能性がある点。

避けるべきなのが、ビタミンKを多く含む食品です。ビタミンKは納豆・クロレラ・青汁に多く含まれるので、ワーファリンを服用している場合にはこれらを避けること!

緑黄色野菜や海草にもビタミンKが含まれているので、多量摂取は避けるようにしましょう。

ビタミンKを多く摂取してしまうと、ワーファリンが効かなくなってしまうのです。それは、血栓ができやすくなってしまうということを意味します。

ワーファリンは個人にあった投薬量を処方されているので、食品により効果を妨げてしまわないように注意しましょう。

 

■まとめ

抗血栓薬には、どういった副作用があるのかを振り返っておきましょう。

<抗血栓薬の副作用はコレ!>
血が止まりにくくなる
・内出血
・鼻血
・歯茎からの出血
・血痰、血尿、血便

 
抗血栓薬は血栓をできにくくするという効果がある反面、出血すると血が止まりにくいという副作用もあるのです。

そのため、怪我などには十分注意する必要があります。

抗血栓薬の中でもワーファリンワルファリン)という薬は日常生活でも注意が必要。ビタミンKを多く含む食品を摂取してしまうと、ワーファリンが効かなくなってしまう可能性があるのです。

私の祖母はワーファリンを服用しています。祖母はワーファリンを服用する前までは納豆を毎日のように食べていました。そのため、「納豆を食べられないのが残念(-_-;)」と言っています。

抗血栓薬の副作用や注意点を把握して、しっかりと対策をしていきましょうね!

(Visited 720 times, 11 visits today)

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ