インフルエンザで39度!解熱剤は使うべき?使わなくてもいい?

61930d09141ba98fa4b5f08395e3b307_s
「インフルエンザで39度の熱が出たら、解熱剤は使うべき?」

私がインフルエンザに感染して39度の高熱が出た時には、解熱剤を服用しました。当時は知識がなかったので、熱を下げれば楽になるし、症状の治りが早くなるだろうと思って使っていました(^_^;)

なので、解熱剤は積極的に服用すべきだと思っていました。しかし、解熱剤の服用が必ずしもよいとは限らないのです。

それには理由があります。そこで、

インフルエンザで39度の熱で解熱剤を使うポイント

を把握して服用すべきかどうかを見極めていきましょう!

 
また、解熱剤には様々な種類があるので、どれを服用してもよいというわけではないんですよ。選択すべきではない解熱剤を使用すると、重篤な副作用を引き起こす要因にも…。

そこで、インフルエンザで39度の熱が出た時の解熱剤の服用ポイントについて見ていきましょう。

スポンサードリンク


■熱が39度の場合、解熱剤は必須?

512209
「高熱が出ると不安だから、少しでも早く下げなければ!」と思う人が多いですよね。しかし、解熱剤は必須ではないのです。

特に頭に入れておきたいのが、解熱剤を使ったからといってインフルエンザの治りが早くなることはないということ。解熱剤を使うのは、あくまでも辛い高熱の状態を緩和して数時間楽になるためです。

使う目安としては、水分の摂取や睡眠が取りにくくなっている場合。それは、脱水症状や睡眠不足による体力消耗によって、回復の妨げとなる可能性があるからです。

それほど困っていない場合には、解熱剤は服薬せず自然に治るのを待つのがべストです。それは、発熱をする体の機能によってウイルスを退治する役割を果たしており、解熱剤を使うとその働きを抑制してしまうから。

それでは、解熱剤を使う場合はどんな種類のものを使えばよいのか気になりますね。家にある解熱剤を使ってもよければ使いたいという思いがあると思います。

続いて解熱剤の選択ポイントについて見ていきましょう。

スポンサードリンク


■選択すべき解熱剤とは?

443945
インフルエンザで解熱剤を使用する場合、安全性を考慮して選択すべき成分があります。それは…

  • アセトアミノフェン
  • イブフロフェン

この2つ。ただし、この2つのうち子供が使用できるのはアセトアミノフェンのみです。

そのため、アセトアミノフェンを使うのが一番安心と言えます。アセトアミノフェンは副作用が少ないと言われている解熱・鎮痛剤成分のため、インフルエンザの時に服用できる薬として覚えておきましょう。

 
万が一誤った解熱剤を服薬すると、重篤な副作用を発症する危険があります。それは、けいれんや意識障害などを発症する「インフルエンザ脳症」、脳や肝機能に障害を来たす「ライ症候群」という疾患です。

そのため、解熱剤であれば何でもよいという訳ではありません!

アセトアミノフェンで構成されている代表的な薬を紹介しますね。市販薬だとタイレノールA(武田薬品工業)、処方薬(医師の診断の元で出される薬)だとカロナールという薬が安心です。

もし可能であれば、家にある解熱剤で服薬したいもの。続いて風邪などでよく使用される市販薬を飲んでもいいのか、薬別にご紹介したいと思います。

 

■この市販薬は飲んでもいい?ダメ?

466604
一般的によく使われる市販薬がインフルエンザの時に飲んでもよいものか、取り上げていきたいと思います。使われることの多いバファリン・イブ・ロキソニンの3種類をピックアップしました!
 

① バファリン

大人用は×、小児用は○です。

大人用はアスピリンという成分が含まれているため、「インフルエンザ脳症」及び「ライ症候群」を発症させる危険性があります。

小児用の成分はアセトアミノフェンのみで構成されているため、インフルエンザの解熱剤として使用する場合には、小児用を使用するようにしましょう。

 

② イブ

大人は服用できますが、小児の服用は避けるようにしましょう。

成分は上でご紹介したイブプロフェンなので、インフルエンザの時でも大人の服用はOKです。

 

③ ロキソニン

使用するのはグレーです。

添付文書には特に注意喚起はありませんが、特に小児に対しては使用しないのが安全です。ロキソニンを服用した小児にインフルエンザ脳症が発症している率が高いとも言われており、小児科ではまず処方されません。

 
インフルエンザで熱を下げたい場合に一番安心なのが、病院に行って薬の処方を受けること。もしも、市販薬を使用する時には、成分について注意を払うようにしましょうね!

スポンサードリンク


■まとめ

インフルエンザで39度の場合、解熱剤は使うべきかどうかについて振り返っておきましょう。

<インフルエンザで39度だと解熱剤は必須!?>
解熱剤は必須ではない
⇒ 可能であれば解熱剤は服薬せずに治すのがベスト

※ 体の発熱機能にはウイルスを退治する役割があり、解熱剤でその機能を抑制してしまうから

 

決して解熱剤を服用しないことを推奨している訳ではありません。ただし、使う場合の目安を把握しておくことが大切です。

39度という高熱が出ると辛いもの。水分の摂取や睡眠が取りにくい症状もある場合には、解熱剤を服用するとよいでしょう。

インフルエンザで解熱剤を使用する場合、安全な成分はアセトアミノフェンイブフロフェンの2種類です。小児でも安全なのは、アセトアミノフェンのみ。市販薬だとタイレノールA、処方薬だとカロナールが代表的です。

迷った時にはこれらの薬を服用して、辛い高熱の状態を緩和していきましょうね!

インフルエンザを早く治す方法が気になる方は、こちらの記事もご参照くださいませ。
⇒ インフルエンザを早く治す方法とは?この2つで回復を早める!


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ