糖尿病だと眠気が食後に強い!?その原因と対処を徹底調査!

e49f9d6448fdde93739b8da37677f011_s
「糖尿病だと食後の眠気がひどくなる原因って知ってる??」

私が医療従事者ということもあり、母からこんなことを聞かれました。母自身が糖尿病であり、食後に強い眠気が来ることが多くあったようです。

主治医の先生にこの関係について質問をして、原因を教えてもらったとのこと。その内容を母からを聞いたところ、「なるほど、そんなつながりがあったんだ!」と知ることが出来ました^^

そこで、その内容に加えて自分でも色々と調べて、

糖尿病が食後の眠気にどう影響するのか

を記事にしてみました!

 
食事をした後に眠気が来るのは、特に問題があることではありません。しかし、異常な眠気が出る場合には、その症状は糖尿病が原因である可能性があります。

食後に度が過ぎる眠気が生じるのも糖尿病からくる症状の一つなのです。

今回は、糖尿病と食後の眠気の原因と対処はどうすればよいのかをお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク


■食後の異常な眠気は糖尿病が原因?

blood-75302_960_720

お腹が満たされた食後に眠気が来るというのは、健康な人でもよくあることです。しかし、異常なレベルで眠気を感じる場合は、もしかすると糖尿病が原因であるかもしれません。

糖尿病は血糖値と呼ばれる血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度が高い状態にあります。その状態に加えて、食後に血糖値が大幅に上がりやすいという症状も持ち合わせています。

糖尿病だと食事から摂取した血糖を多く処理しなければなりません。そこで、腎臓が多量の尿を生成して、血糖をなるべく多く体の外に排出させるよう働きます。

そうすると、エネルギー源となるはずの糖までもが尿と一緒に排出されてしまいます。また、多くの血糖を排出するために、体内のエネルギーが腎臓で集中的に使われ、脳にはエネルギーが行き渡りにくくなります。

糖が多く排出され、なおかつ脳に供給されない。この2つが合わさった結果、異常な眠気が引き起こされるというわけです。つまり、

糖尿病が食後に異常な眠気を誘発する原因

ということが言えます。

 
食事をするとひどい眠気が出るというのは、困ってしまいますよね^_^; どうやって対策をしていけばよいのでしょうか?

それには、「食事」で気を付けるべきポイントがあります。続いては、眠気を起こりにくくする食事の仕方についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク


■眠気を下げる食事の仕方とは?

食後の眠気を防止するには、血糖値を大幅に上げないような食事をすることが大切です。

気を付けるべき具体的なポイントが主に2つあります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

① 炭水化物を組み合わせた食事を避けること

366609
三大栄養素である糖質・タンパク質・脂質の中で、食後の血糖値を最も上げやすいのが糖質です。その糖質をたくさん含んでいるのが、ごはんやパンなどの炭水化物なのです。

 
「お腹がすいたからしっかり食べておきたい!」ということで、知らず知らずのうちに…

  • ラーメンとチャーハン
  • うどんとおにぎり
  • 焼きそばパン
  • 天丼とそば
  • パスタとパン

といった組み合わせになっていませんか?実は、この「炭水化物+炭水化物」の組み合わせが血糖値の急上昇につながってしまいます。そのため、炭水化物中心の危険な組み合わせは可能な限り避けるようにしましょう。

食物繊維の多い野菜をプラスして、血糖を穏やかに上昇させる食事に変えていきましょうね。サラダを追加したり、ネギをトッピングするなどで意識的に野菜を摂っていくことが大切です。

 

② 食べる順番を意識する

illust1625
同じメニューを食べる場合でも、順番を変えるだけで血糖値の上昇を抑えることができます。大事なのは、

食物繊維を含む野菜

タンパク質を含む肉や魚

糖質を含む炭水化物

の順に食べることです。

食物繊維の作用によって、後から食べる糖質がゆっくりと吸収されるようになります。そうすると、急激な血糖値の上昇を防いでくれるのです。

ご飯とサラダを一緒に食べる場合、食べる順番によって血糖値の上昇幅が変わる例をご紹介しますね。下記の図をご参照くださいませ。

 
%e9%a0%86%e7%95%aa%ef%bc%88%e6%94%b9%ef%bc%89

同じものを食べるのでも、これだけの違いがあります。順番を変えるだけなので、すぐに取り入れたい方法ですね。

 

■まとめ

糖尿病だと食後に眠気が強くなる原因について見ていきましょう。

<糖尿病で食後の眠気の原因はコレ!>
食事によって血糖値が高くなる

腎臓が尿を生成し、できるだけ多くの血糖を排出させる働きをする

多くのエネルギーが腎臓で使われる

脳へのエネルギー供給が不足して、眠気を引き起こす

 

糖尿病だと普段の血糖値が高いですが、食後に血糖値が大幅に上がりやすいという特徴もあります。これが異常な眠気を誘発する原因なのです。

この眠気を対策するには、急激に血糖値が上がることを防いでいかなければなりません。そのポイントが「食事」にあります。


【食後の眠気を避ける食事のポイント】

① 炭水化物を組み合わせた食事を避けること
⇒ 食物繊維の多い野菜をプラスしましょう!

② 食べる順番を意識する
⇒ 野菜、肉・魚、炭水化物の順に食べましょう!

 
これらを意識して、食後の眠気を少しでも抑えていきましょうね!

糖尿病の記事に特化したサイトも運営しております。よろしければ、こちらのサイトもご参照くださいませ!
⇒ 糖尿病インフォのサイト

(Visited 470 times, 5 visits today)

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ