秋の肌を手入れするには?不調を解消する3つの対処法!

0e84a0aa269dc2fba09f942f5f2c1c23_s
秋って美肌の敵なんですよね~。肌がトラブルを抱えやすい季節であるため、女性ならば誰でも手入れに熱心になるものです。

実際問題…

「秋になると肌がピリピリする!」
「肌が乾燥して割れそう…」
「化粧水と乳液の消費量が増えてしかたがない!」

こんな声が私の周りからも物凄く聞こえてきたりします。私は男性ですが、毎日そうした言葉に囲まれていると気になってくるんですよね。

事実、毎年秋には自分の肌の状態もよくないんですよね… 肌が乾燥して荒れてくるので、他人事と感じられなくなっちゃいます^^;(汗)

 
このままではいかん!と、

秋のスキンケア

を徹底的にリサーチしました!男女ともに使える方法ですので、私の様に心配されているという方は、ぜひ一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク


■秋の肌荒れの対処法とは?

お手入れ方法をお伝えするその前に、原因を知ってそれにアプローチしていくことが大切ですので、まずは原因について簡単にチェックしていきますね!

秋の肌荒れの原因は・・・

  • 夏に浴びた紫外線
  • 乾燥
  • 花粉症

の3つ。秋の肌の悩みを解決するためにも、それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう!

秋の肌荒れの原因に関する詳細は、下記をご参照くださいませ。
⇒ 秋の肌荒れの原因とは?この3つの可能性に要注意!

 

①:夏に浴びた紫外線への対処法

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s

肌がピリピリするという場合は紫外線による影響かもしれません。

日差しの強い夏にはたくさんの紫外線を浴びてしまいます。秋になってから、夏に蓄積された紫外線のダメージが肌荒れとして現れることがあります。

紫外線から来る肌荒れをリセットするのには次の2つの方法が効果的です。

I. ツボ押し

美容液などで顔に潤いを与えても、血行が悪いと肌の調子が悪くなります。ツボ押しで顔の血行をよくすることで、肌荒れを軽減することができます。

有効なのは下記のツボです。気持ちよく感じる程度の強さで5秒ずつ×3回ほど刺激しましょう。

beauty-157149_960_720

◎ 陽白(ようはく)
⇒ 眉毛の中心から2cmほど上にあります。黒目の真上の位置にあるツボです。

◎ 四白(しはく)
⇒ 目から2cmほど下に位置している骨の際のわずかなくぼみにあります。黒目の真下の位置にあるツボです。

 

II. 体を温める

266762
血行を良くするためには、体を温めることも大切です。

体を内側から温めるように、飲み物は白湯や温かいお茶などを飲むようにしましょう。

また、毎日の入浴はシャワーで済ましてしまわず、38~40度の湯船に15~20分程度ゆっくりと浸かるように心がけましょう。

 

②:乾燥への対処法

004700.smpl
乾燥しやすい季節は肌荒れも多くなります。肌が乾燥すると保湿機能やバリア機能が低下しますので、肌荒れを起こしやすくなります。

そのため、秋のスキンケアはとっても大事!そこで、注目すべきなのがセラミドという成分です。

セラミドは潤いを閉じ込め外部からの刺激をバリアする働きをしています。肌荒れしやすい状態は、肌のセラミドが減少していることに原因があります。

そこでセラミドを補給してバリア機能を回復させることで、肌荒れの解消に役立つのです!セラミドは保湿力が非常に高いという特徴の他に、

  • 肌にも優しい
  • 吸収されやすい

とメリットが多い注目の成分です。

乾燥によって肌荒れが起きている際には、是非セラミドを配合している化粧品を使用していきましょう。

なお、秋の乾燥による肌荒れについては、こちらの過去記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。
⇒ 秋に肌が乾燥する原因は?お手入れのポイントを紹介!

スポンサードリンク


③:花粉症への対処法

秋の肌荒れが花粉症によるアレルギー反応から来ている場合には、花粉症に対する対策が必要です。

眼鏡やマスクなどで対処している方も多いと思いますが、肌荒れが気になる場合には肌に特化した対策が特に有効です。

I. 入念な保湿

485709
肌の乾燥によって、肌は刺激を感じやすくなります。そうなると、肌が花粉に対して過敏に反応してしまいます。

そこで花粉対策にとっても保湿がとにかく大切です。保湿によって肌のバリア機能を保持することができます。

洗顔で花粉をしっかり落とした後には、入念に保湿をするようにしましょう。ここでも、先ほどご紹介をしたセラミドが有効です。

 

II. ワセリンの使用

146152
ワセリンは皮膚科でも使用されています。赤ちゃんの肌の保湿にも使われているほどなので、敏感肌の方でも安心して使用できます。

ワセリンを使うことで、花粉が直接肌に触れることを防ぐことができる効果があります。おすすめは純度が高い「白色ワセリン」です。

春の花粉症で肌荒れが起こる場合にも有効なので、試してみるとよいでしょう。

 

■まとめ

秋の肌荒れの対処法について振り返っておきましょう。

<秋の肌荒れの対処法はコレ!>

① 夏に浴びた紫外線に対して
⇒ ツボ押し(陽白・四白)
⇒ 体を温める

② 乾燥に対して
⇒ セラミドを配合している化粧品を使用する

③ 花粉症に対して
⇒ 保湿を行う
⇒ ワセリンを使用する

 

秋は肌トラブルが多く、悩みが出やすい季節。それを改善するためには、秋のスキンケアがとても大切です。

ちょっとしたことの積み重ねで、肌の状態は大きく変わってくるもの。であれば、何もせずに放置しておくのは、もったいないと思いませんか?

これらの対処法はどれも自宅で実践できるものです。秋になって肌荒れに悩んでいる方は是非実践してみてくださいね!

肌荒れがひどくなってしまうと、秋だけではなく他の時期にも肌荒れが起こります。肌荒れに悩むことが多い場合、下記の記事もご参照くださいませ。
⇒ 肌荒れの改善方法とは?治すためのポイントはコレ! 

(Visited 409 times, 1 visits today)

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ