肌荒れの改善方法とは?治すためのポイントはコレ!

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s
「肌の表面がカサカサしたり、赤いブツブツが出るんだけど・・・どうすれば改善するの?」

私の妹が「肌荒れ」の症状に悩んでいました・・・季節の変わり目やストレスがかかった時に肌荒れが起こるようです。

  • 「紫外線」「乾燥」「花粉症」といった季節的な要因
  • 「ストレス」「睡眠不足」といった生活習慣の要因

など「肌荒れ」の原因は様々です。

両方の要因で肌荒れに悩まされる妹が様々な対策を実践して、

肌荒れの効果的な対策

は2点あると教えてくれました。

たった2点、普段の肌の手入れの方法を変えるだけで、肌の調子も大きく変わってくるものです。そこで今回は肌荒れの改善ポイントについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


■肌荒れの対策はどうすればいいの?

001181
一般的な肌荒れの対策といえば、

  • バランスの良い食事をする
  • 睡眠をしっかり取る
  • ストレスを溜めない
  • サプリメントを摂取する
  • 塗り薬を使う
  • 運動をする

といった方法がありますね。あなたもこれらを試してみたことがあるでしょう。

ですが、これらを全て実践しようとすると、まるで別人のような生活習慣になってしまいますよね・・・そうなると、結果的になかなか長続きしないのではないでしょうか?

実際、妹もこれらを試みましたが全てを一気に行うのは無理ということで断念・・・「余計にストレスがかかる!」と言って続きませんでした。そんな状況の中で効果的だったのが、

  • 肌に負担をかけない洗顔
  • 肌に浸透する保湿

を実践することでした!これで肌荒れの悩みを解消することが出来たと嬉しそうに話してくれました。

これら2つの対策法について詳しく見ていきましょう。

 

対策①:肌に負担をかけない洗顔

005793.smpl
肌に負担をかけない方法で洗顔することが非常に大切です。良かれと思ってやっている洗顔がかえって肌を傷めていることもあるので、気をつけたいですね。

覚えておきたいのは、洗顔の目的は、

酸化した皮脂やメイクなどの汚れのみを落とす

こと。肌には皮脂や潤いを保つための細胞間脂質・天然保湿成分など、肌を乾燥やアレルギーから守るのに必要なバリアとなるものがあります。

これらまで落としてしまうと、紫外線の影響を受けたり、アレルギーを起こしたりと、肌トラブルの元となってしまいます。そこで大切な皮脂を守りながら不要な汚れだけを落とすという正しい洗顔を行うように心がけましょう。

 
まずは、洗顔料選びからです。洗顔料は大きく分けて、洗顔フォーム洗顔石けんの2つです。このうち選択すべきは、

洗顔石けん

の方です。洗顔石けんの場合は、天然成分を中心に構成されているので、肌に優しいのが特徴!

一方、洗顔フォームは合成界面活性剤が含まれているため、非常に肌に悪いのです。というのも、汚れをしっかりと落とすという目的で作られているため、必要以上の皮脂や保湿成分を落としてしまいます。

肌荒れでお悩みのあなたは、是非洗顔石けんを使うようにしましょう!

ちなみに妹が使っていた洗顔石けんがこちらです↓
酵素洗顔石鹸

 
続いて、正しい洗顔方法のポイントをご紹介したいと思います。

 

泡立ちを良くするため、洗顔前には手を洗うようにしましょう。

洗顔料をよく泡立てます。
洗顔料の泡立て方は、利き手と反対の手をボウル状に窪めて、利き手の指三本で水を混ぜながら泡立てるとよく泡立ちます。

泡が卵一個分ほどの大きさになったら、Tゾーンや顎などの皮脂が多い部分から泡を乗せて洗い始めます。 この時のポイントは手と肌の間に泡がクッションになるようにして、指が肌に当たらないように優しく洗うことです。
乾燥しがちな目元や口元などは泡を乗せるだけで、こすらないようにしましょう。

ぬるま湯で洗顔料が残らないように、しっかりとすすぎを行いましょう。

すすいだ後は清潔なタオルで押さえるように優しく水分をふき取ります。

 

今まで肌に負担をかける洗顔をしていた・・・という方は是非試してくださいね。洗顔石けんと正しい洗顔法の実践によって、肌への負担は大きく変わりますので、続けていきましょう!

スポンサードリンク


対策②:肌に浸透する保湿

004700.smpl
保湿効果を謳っている化粧品は色々ありますが、その成分にも注意が必要です。おすすめしたいのは、セラミドを含んでいる保湿化粧品です。

セラミドと同じく名前を聞くことの多いコラーゲンやヒアルロン酸は、分子量が大きいことから肌の内部にまで浸透することができません。

それに対しセラミドは人間の肌に本来ある成分なので、

肌の奥まで浸透させる

ことができます。セラミドの保湿効果は非常に高く、皮膚に塗った後、最大24時間保湿力を維持すると言われています。また、セラミドは本来体にある成分で肌に優しいというのも安心できる点です。

セラミド自身が肌の刺激になるということはまずありません。ただし、注意したいのは、セラミドを使用している化粧品に他の化学物質が含まれているという場合です。

下記のような成分が含まれていないか、確認しておきましょう。

  • 防腐剤(パラベン)
  • 界面活性剤
  • 香料
  • 着色料
  • アルコール(エタノール)

これらの成分は肌荒れの原因となりやすいです。刺激となる成分がなるべく含まれていないものを選ぶことをおすすめします。

セラミドは外部刺激からのバリア機能も高く、アトピー性皮膚炎の治療に取り組んでいる臨床医も注目しているほどです。敏感肌の方でも安心して使用できる成分なので、是非一度試してみましょう。

 

■まとめ

肌荒れの改善方法について振り返っておきましょう。

<肌荒れの改善ポイントはコレ!>
① 肌に負担をかけない洗顔
② 肌に浸透する保湿

 

洗顔の目的は「酸化した皮脂やメイクなどの汚れを落とす」ことなので、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、ゴシゴシこするような洗顔をすると、かえって肌荒れを悪化させてしまいます。そのため、ご紹介したような肌に負担をかけない洗顔を行うようにしましょう。

また、洗顔をした後の保湿も非常に大切です。肌の奥まで保湿成分を浸透させる効果のあるセラミドを含んでいる化粧品を使うと、高い保湿効果を期待できます。

まずはこの2点を確実に行い、肌荒れを改善させていきましょうね!


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ