赤ちゃんの湿疹!顔にできる3つのタイプの対処法!

33853279eb07e6dbf58d2a50541d5d22_s
「赤ちゃんの顔に湿疹が・・・どう対処すればいいの!?」

最近は友人や友人の奥さんが出産ラッシュのため、赤ちゃんを見る機会が多いです。そんな中、赤ちゃんの顔の湿疹がなかなか治らなくて困っているいう悩みがありました。

そこで、赤ちゃん湿疹にはどう対処すればよいのだろう?という疑問が・・・

ひとくくりに赤ちゃんの顔の湿疹といっても、いくつかのタイプがあります。そのため、

原因に合わせた湿疹に対するケア

を行う必要があります。間違った方法で対処をすると、治りが遅くなることも・・・そうならないよう、湿疹のタイプとその対処法について知っておくと安心です。

今回は赤ちゃんの顔にできる湿疹とその対処法について、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク


 

■赤ちゃんの顔の湿疹のタイプとは?

resize

大人にとってはちょっとした湿疹でも、赤ちゃんにできると、とても心配になりますよね。特に、赤ちゃんの肌は繊細なので、湿疹といったトラブルにも悩まされやすいものです。

赤ちゃんの顔の湿疹のタイプには主にどういったものがあるのでしょうか?それは…

  • 新生児ニキビ
  • 乳児脂漏性湿疹
  • アトピー性皮膚炎

の3つ。湿疹が治らなかったり、悪化したりすれば、いたたまれない気持ちになるのが親心。早い段階で治してあげられるよう適切な対処をする必要があります。

それぞれの湿疹のポイントと対処法について詳しく見ていきましょう。

 

■赤ちゃんの顔の湿疹①:新生児ニキビ

illust982
新生児ニキビは生後3ヶ月までに多く見られる症状です。

お母さんのお腹の中でもらう女性ホルモンの影響で皮脂の分泌を促進させることから、ニキビができやすくなります。時期が過ぎれば治る一過性のものなので、心配には及びませんが、悪化させないように正しい対処をしてあげましょう。

新生児ニキビの対処法は次の2つです。

 

① 優しい成分のもので洗う

ニキビの対処には洗顔で清潔にしておくことが大切です。しかし、皮膚に刺激を与えすぎることは禁物!赤ちゃんには優しい成分の洗顔料を使うことが大切なのです。

そこで赤ちゃんに使ってあげるのには、「ドルチボーレ ベビーソープ」という商品がオススメです。無添加で天然水を使用しているため、肌に非常に優しい商品になっています。また、ヒアルロン酸やコメヌカスフィンゴ糖脂質といった保湿成分を含まれているので、洗い上がりもしっとりします。

成長すると肌が強くなってくるので、さほど洗顔料にこだわらなくても問題にはなりませんが、赤ちゃんの時期だけは成分に十分こだわることを推奨します!

ドルチボーレ ベビーソープはこちら↓

 

② 汗をかいたらすぐに拭く

大人の何倍もの密度で汗腺がある赤ちゃんはとても汗っかきです。汗をかいたままにしていると、ニキビが悪化する原因となります。

赤ちゃんが顔に汗をかいていたらすぐに拭く用にしましょう!乾いたタオルなどよりも、ウェットティッシュや汗拭きタオルなどで優しくふき取ってあげるのがオススメです。

 

■赤ちゃんの顔の湿疹②:乳児脂漏性湿疹

illust985

乳児脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰に分泌して、毛穴に詰まってしまうことで炎症を起こします。赤い小さな湿疹やフケのようなカサカサしているものが出るのが特徴です。

皮脂が原因となっているため、「洗顔」と「保湿」が大切なポイントとなってきます。

乳児脂漏性湿疹の対処法は次の2つです。

 

① なでるように洗う

大人の洗顔でも同じことが言えますが、皮脂を落とすといってもゴシゴシとこすってしまってはいけません。泡を良く立てて、優しくしっかり洗ってあげるようにしましょうね。

もちろん洗顔料は肌に優しいものを使用しましょう。

 

② 保湿を行う

皮脂バランスを整えてあげるためには保湿も大切です。それにはドラッグストアなどで手軽に購入できる「ワセリン」がおススメ。

肌の表面に油分を補うことができ、刺激が非常に少ないのが利点です。シンプルな保湿であるため、赤ちゃんの肌には最適ですよ!

 

■赤ちゃんの顔の湿疹③:アトピー性皮膚炎

illust1466

アトピー性皮膚炎はかゆみが伴う湿疹で、赤くカサカサしたり、ジュクジュクしたりする症状です。アトピー性皮膚炎は単にアトピーと呼ばれることも多いです。

アトピーはアレルギーの一種で慢性化することが多いので、疑いがある場合は病院にかかるようにしましょう。

アトピー性皮膚炎の対処法は次の2つです。

 

① 血液検査を受ける

アトピー性皮膚炎は皮膚の湿疹を引き起こす原因物質が存在します。多いのはダニハウスダストであると言われています。

原因物質が何であるかは血液検査によって調べることができます。その場合には、小児科か皮膚科に行くようにしましょうね。

血液検査によってアトピーであることがはっきりしたなら、治療に関しては医師の指示に従って行うようにしましょう。

 

② 肌を清潔な状態に保つ

汗や汚れはかゆみの原因となってしまうので、肌は清潔な状態を保ってあげるようにしましょう。

一日一回は入浴をさせることはもちろん、汗をかいた時にはこまめにふき取ってあげましょうね。

 

■まとめ

赤ちゃんの顔にできる湿疹について振り返っておきましょう。

<赤ちゃんの顔にできる湿疹はコレ!>

1. 新生児ニキビ
〜対処法〜
① 優しい成分のもので洗いましょう!
② 汗をこまめに拭き取りましょう!

2. 乳児脂漏性湿疹
〜対処法〜
① やさしくなでるように洗いましょう!
② 保湿を行いましょう!

3. アトピー性皮膚炎
〜対処法〜
① 血液検査を受けて原因物質を特定しましょう!
② 肌を清潔な状態に保ちましょう!

 
赤ちゃんの湿疹は「乳児湿疹」とひとくくりにされる場合も少なくありません。カサカサするのもジュクジュクするのも、ベタベタするのも全て乳児湿疹…

それぞれの原因に合わせた対処をすることが大切です。全てに共通しているのは…

肌を清潔に保つ

ということ。赤ちゃんの顔は周囲から最も見られる部位なので、しっかりとケアをしていきたいものです。

原因に合わせた対処を行い、赤ちゃんの顔の湿疹からおさらばしていきましょう!


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ