夏に眠れない…暑い夜に負けずぐっすり眠る方法

sleep-264475_640
暑い夏、寝付きが悪くなりませんか?

熱帯夜は布団に寝転がると汗がだらだら・・・暑さのあまり眠れなくてイライラしてしまいます。

睡眠の質を下げてしまい、たとえ眠れたとしても疲れが取れなかったり、汗だくに・・・途中で起きてしまうこともあり、とても不快な気持ちになりますよね。

暑いとなぜ眠れないのか、明確な理由を知らない方も多いのでは?実は、

暑さと眠りづらさの関係性

があるのです。

暑くて眠れない原因を知れば、自分にとって一番よい形の解決策が見つかるかもしれません。

夏に眠れないのはどうしてか一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク


■夏に眠れないのはなぜ?

050712
人が眠りに落ちるときは、身体の深部体温が低下します。

身体の表面は温かいけれど、深部の体温は低下しているのです。それは、深部の熱を放出しているからです。

爪先や指先といった抹消が眠るとき温かくなるには、こういった理由があるのです。

脳が眠る信号を身体に送ると、身体は体温を下げようとします。

しかし、熱帯夜は深部の体温が下がりにくくなります。深部体温がうまく下がらないと眠りにくくなるのです。

暑い夏の夜に眠れないと翌日に疲れを残してしまいますよね。そうならないよう、暑い夏の夜の睡眠対策をご紹介します。

スポンサードリンク


■暑い夏の夜の睡眠対策

132951
暑い夏の夜の睡眠対策法をご紹介してきます。

【対策①:朝はカーテンを閉めて外出】

快適な睡眠がとれる室温をご存知ですか?

室温25℃前後が一番眠りに落ちやすい気温です。そして湿度はだいたい50%がいいとされています。

日本は高温多湿ですが、この気温を作りやすくするためには、日中に部屋を暑くさせないことが重要になります。

どうすればいいのかというと、日中家にいないときには、カーテンを閉めておくのがよいでしょう。

それは、部屋に熱がこもってしまうと、なかなか日が落ちても温度が下がらないためです。カーテンを閉めて外出することで暑さを防ぐことができるのです。

さらに、c帰宅をしたら換気をすることが大切です。できれば2箇所の窓を開けて、風の通り道を作りましょう。

 

【対策②:エアコンの使用】

睡眠時のエアコンの使用も視野にいれましょう。

部屋の温度を下げすぎないよう、設定温度は27℃前後にしましょう。送風、ドライ機能などを調整して、自分なりに快適と感じられる湿度も調整していきましょう。

エアコンにはタイマーがついているものが殆どだと思います。寝る1時間前にはスイッチを入れて、午前4時にはタイマーが切れるように設定をしておきましょう。

午前4時までにエアコンを切るのは、朝の起床に向けた自然な体温上昇を妨げないようにするためです。

 

【対策③:湯船につかる】

夏は暑いから湯船に浸かりたくない方も多いと思いますが、湯船につかることで、体温の降下がスムーズになり、眠りにつきやすくなります。

また、自律神経に働きかけて精神的にリラックスが得られる効果もあります。

 

【対策④:シーツの素材をリネン(亜麻)に】

湿気を外に逃がす上で、最も効果的だとされているのがリネン(亜麻)素材のものです。リネンは吸湿性放湿性の両方ともが優れており、夏向けの素材です。

肌触りが夏にはとてもよく、快適な寝心地を実感することができますので、とてもおすすめです。また、通気性にも優れています。

 

■最後に

日中を充実して過ごすためにはオンとオフの切り替えが重要です。そのためには、夜にしっかりと睡眠をとって、身体を休めることが大切です。

快適快眠ライフを過ごすことで、朝にはすっきりと目覚めていたいですね!


スポンサードリンク


One Response to “夏に眠れない…暑い夜に負けずぐっすり眠る方法”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ