夏の頭皮ケアで対策すべき5つの方法

3d552579348f61eb35f1817c97f5a32b_s
暑い夏、実は頭皮にとって過酷な季節であることをご存知ですか?

皮脂汚れ、雑菌、汗・・・頭皮は悲鳴をあげています。

さらに、夜、寝ている時に汗をかくので、朝起きてからにシャンプーをする
人も多いと思います。

ですが、これが脱毛の原因になるといわれています。

夏の頭皮のケアはどう対策すればいいのでしょうか?

今回はそんなお悩みにお応えしていきます。

 

■夏の頭皮ケアで大切な5つのこと

089782
夏の頭皮ケアで対策すべき5つの方法について紹介します。

また、発毛にも皮脂を取り除く頭皮ケアは重要であるといわれています。

① 皮脂を取り除く

頭皮は毛穴が集まっていますので、皮脂がたくさん分泌されます。

頭皮は脂でかなり汚れていて、顔の9倍の皮脂が分泌されていると言われています。

ですから、頭皮の毛穴の汚れをしっかりと洗い流す事が大切です。

毛穴と頭皮が皮脂によって塞がれると不衛生になり、頭皮にはとても大きな
ダメージとなります。

また、毛根には酸素が必要です。

汚れで毛根が詰まってしまうと、毛根まで酸素が行き届かず、髪の毛の成長
が止まり、抜け毛の原因となってしまいます。

頭皮の衛生環境を整えることが、頭皮ケアにはとても重要です。

しかし、元々皮脂は頭皮を守る大事な役割があります。

なので、とりすぎも厳禁!

一日一度のシャンプーを心がけましょう。

そして、シャンプーは夜に行うことがとても大切です。

朝シャンプーをしてしまうと、皮脂がとれた状態となるため、
紫外線によるダメージをまともに受けてしまいます。

紫外線からのダメージが蓄積されることによって、薄毛の原因となって
しまいます。
 

② 正しいシャンプーのやり方を行う

夏の頭皮ケアは正しい方法でシャンプーをすることが大切です。

下記の動画をご参照ください。

 

1.シャンプーするときはシャワーヘッドを頭皮につけます。

2.3分間洗いましょう。汚れの70%が落ちます。

3.シャンプーは男性1プッシュ、女性2プッシュが目安です。  
  ロングの髪の方は2,5プッシュしましょう。

4.しっかり手のひらで泡を作りましょう。

5.泡を頭皮につけ、全体になじませましょう。

6.1分間頭皮の汚れを取るように指の腹でこすります。

7.次の1分間で中心に寄せるように洗いましょう。

8.洗い流します。最初に流した時と同様、3分間、
  シャワーヘッドを頭皮につけてしっかり流します。

 

③ 汗の対策をする

流れた汗をそのままにするのは、頭皮に悪影響を与えます。

塩分によって髪のタンパク質が固まってしまうのです。

海に行った時、髪がゴワゴワしませんか?

これと同じ現象が起きてしまいます。

ですから、汗の対策はとても大切です。

汗をかいた際には、タオルで髪の汗をやさしくふき取り、クシで少しずつ
とかすようにしましょう。

ヘッドスパトリートメントを普段からしていけば、より効果的です。
 

④ 紫外線対策をする

紫外線に当たると、頭皮にダメージを受けます。

日傘帽子などで予防をしていきましょう。

日焼けをそのままにすると炎症を起こしてしまいます。

近年、UVカット用のトリートメントやヘアスプレーが出ているので、
外出前につけておくとよいでしょう。
 

⑤ 食生活に気をつける

栄養のバランスが偏っていたり、不規則な食生活をしていると、
髪が抜けやすくなり細くなります。

特に無理なダイエットは絶対にやめましょう。

また、脂っこい食事も皮脂の原因になり、臭いテカりの原因にも
なります。

これがかゆみの元になってしまうことも・・・

体が元気でないと頭皮も元気を失ってしまい、髪の毛にも影響を与えて
しまいます。

髪の抜け毛が多くて困ってしまう・・・」ということにならないよう、
普段から(特に夏は)頭皮ケアをしっかりと行っていきましょう!


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ